従来のスピルリナの培養は、室外での培養方法で、ばい菌や細菌が混在してしまう培養方法でした。ばい菌や細菌を除去するために熱処理にて駆除します。熱処理にて駆除する際に60%〜70%のスピルリナの成分が死滅してしまいます。

KORIA SPIRULINAのスピルリナの培養は完全室内での培養で、常にコンピューター管理されて培養されております。室内の培養ですので、外部からのばい菌や細菌が混在することなく、培養が可能です。また、無菌ですので、熱処理をすることなく、スピルリナそのものを利用致しますので、ほぼ100%のスピルリナの成分をご提供することが可能になりました。